期間工は寮生活にも慣れなければいけない

期間工は、会社が所有している寮に入って、契約期間が終わるまでそこで生活するのが一般的です。住み込みのおかげで日本全国のどこにでも赴任できるのですが、その一方で寮生活について回る不便さもあります。たとえば、寮内の食堂は営業時間が決まっている上に、メニューが指定されるので、自分が食べたいものとは限りません。寮には多くの期間工が住んでいることから、人気が高いメニューについては早い時間に売り切れる場合がよく見られます。

さらに、外食や弁当よりもリーズナブルとはいえ、お金を節約すると食堂で食べざるを得ない側面があるのです。最低限の設備しかない個室は、自分の荷物を保管、あるいは、寝るスペースとなります。水道などの生活設備は別に備えつけられていて、その度に必要な道具を持っていちいち出向かなければいけません。特に、長時間かかる洗濯については、他の期間工も使用することから、洗い終わったものを早急に回収するのがマナーです。

寮内の期間工同士の交流は稀ですが、それでも集団生活に特有の制限が加わってくるので、人によっては辛くなってしまいます。過去に寮生活を経験したことがない方は、自分がそういった集団生活に耐えられるのかどうかをじっくり考えてみましょう。寮によっては相部屋で生活させられますが、学生時代と違って気軽に生活上の注意をするわけにはいかず、個室よりもストレスが溜まりやすくなる点にも気をつけましょう。生活費の分まで節約できるメリットを重視するのなら、期間工として期間満了まで耐えられる可能性が高いです。

静岡の期間社員のことならこちら

Filed under: ビジネス/オフィス, 期間社員, 静岡Tagged with:

No comment yet, add your voice below!


Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Comment *
Name *
Email *
Website