産業の現場を支える期間工について

産業の現場には様々な種類の労働者がいます。まずは正規雇用の社員が挙げられますが、それ以外にも非正規の従業員が数多く存在しています。工場の様な産業の現場においては製品の生産量に応じて必要となる労働者の人数にも影響が出るのが一般的です。そのためパートやアルバイトと言った従業員も必要になるのです。

しかしそれらとも少し異なった雇用形態である期間工が産業の現場を支える重要な調整弁として機能していることが知られています。期間工とは、その言葉が示す通り一定期間の契約で雇用を行う従業員のことです。例えば半年の契約などで迎えられることが多いのですが、パートやアルバイトに比べても非常に恵まれた待遇である場合が少なくありません。地方からの出稼ぎ労働者も多いこの職種は雇用される企業によって用意されている量等に入り、住居と食事が提供されるなどの待遇を得ることが出来ます。

地元に季節性の仕事を持っている人の場合などには敢えてこの様な仕組みを活用して生計を立てているケースもあります。また産業の現場においても急な生産調整によって人員削減が必要になった場合、正規職員の雇用を解除すること無く調整するための調整弁として期間工を利用するケースもあります。また急な需要の像によって労働者の手が必要になった場合も同じ様に期間工を募集することによって労働者を確保することが出来ます。この様な仕組みで工場等の産業の現場が回っているのです。

Filed under: ビジネス/オフィス, 期間社員, 静岡Tagged with:

No comment yet, add your voice below!


Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Comment *
Name *
Email *
Website