デジタコで企業運営の効率アップを目指そう

街を歩いていると「デジタコ搭載車」などといったことが明示されたステッカーの貼られた、タクシーやトラックなどがあることに気づいてやる方も多いのではないでしょうか。このデジタコというのは、タコグラフのデジタルタイプのもののことです。国土交通省によって、安全な交通社会を目指すために制定された中型以上のトラックには、全てタコグラフ設置しなければいけないということにしたがってこのデジタコの復旧が大変広まってきています。かつてのアナログタイプですと、紙にグラフが記録されるためそれを読み取るための知識や経験などが必要にもなりますし、それをいちいち日誌などに隠さなければいけないなといった点で大きな電話がかかってしまうということがありましたが、デジタルタイプであればすぐにパソコン常に読み取りやすい形で記録されていくという面もありますし、いくらだなどと連携することによって、リアルタイムで走っている状況などが分かると言ったことも大きなメリットです。

費用は1台あたり20万円から30万円程度を見ておかなければ、ならず決して安い買い物ではないというのは確かなことですが、機能の年は離婚ことによって、アナログタイプとほとんど変わらないような値段で導入していくことなども不可能ではありません。また国が義務化に伴って助成金などを支払うと言ったこともいいかけていますので、その点についてしっかりとインターネットなどチェックしておくように心がけてください。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *