さまざまな業務がデジタコで軽減できる

今タクシー業界や運送業界などトラックを使って仕事をする業界で注目されているのが、タコグラフの設置です。というのも、タコグラフというのはかつてからありましたが、今年々増え続ける事故を防ぐ目的で国土交通省が中型トラック以上といったかなり広い範囲での設置を義務付けるようになったためです。そのためその設置の際の導入費用などに手で頭を悩ませている企業運営者なども多くいますが、現在ではアナログタイプだけではなくて、デジタルタイプのアナログ元タコグラフ、デジタコも登場してきているため、結果的に企業運営がスムーズに回るようになるということはかなり高い確率で期待できます。アナログタイプであるとグラフにその走行データが記録されていくためそれを読み取るためにかなり深い知識と長い経験が必要になっていたと言った難点があったのですが、デジタコであればリアルタイムですぐにデータとしてパソコン上に保存されていくため実施に書くとる暇なども見つけなくて、済むというような点で利便性が非常に向上しているということが間違いないためです。

またデジタコはアナログタイプでは記録できなかったようなデータまでしっかりと保存記録されるといった点でも、大きなメリットが高く、危ない運転をしているようなドライバーがいれば的確に運転指導などを行うことができるようにはなり結果的に燃費などの向上につながりトータルコストが下がったという人たちがたくさんいます。一台あたり20万円程度と決して安い買い物でないことは確かですが、そうしたことも踏まえて昨日などおしぼり無理なく導入して行けるように計画していきましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *