費用面でデジタコ導入の心配がある人は

最近増えている事故などを心配した国土交通省によって、中型以上のトラック全てに義務付けるという形をとるようになりました。それによって、多くの人たちがその導入に追われるという状況になってきているのです。しかしながら現在ではアナログタイプのみならず、デジタルタイプのデジタコも登場していることによって、むしろデジタコ導入によって、トータルコストが下がったという企業も多いのが実情です。今までのアナログタイプであると、円盤状の紙を装置に設置してそこに記録が取られていくというような形でしたが、デジタコであるとその記録がすぐにパソコン常に読み取りやすい形でデータとして記録されるようになっています。

そのためアナログタイプの場合は、読むとるのにもある程度の知識や経験が必要でしたし、日報などに書く時にそこから隠さなければいけないなるといった点で手間がかなりかかってしまうという問題点がありましたが、デジタルタイプではそういった手間も労力も受けることができるようになっています。さらに今までのアナログタイプでは記録できなかった、急発進急ブレーキなどといった要素まできちんと記録されるようになってきているため特に荒い運転をしているような、ドライバー開いたら的確に運転指導などをすることができるようになるといった点でも大きなメリットがあります。その結果燃費の向上などが期待でき結果的に月々の経費などが安くを済ませることができるようにもなるのです。問題となる導入の費用ですが、全体的な価格相場としては15万円から20万円程度を見ておく必要があります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *