デジタコでできることは非常に多い

運送業界やタクシー業界などに勤めている人にとって、タコグラフの設置というのはとても重要な問題となっています。これはトラックが走っている速度や走り方など、どのようなドライビングをしていたかといったものを記録する計器のことです。国土交通省が度重なる交通事故を減らそうと中型以上の貨物自動車など対象に、タコグラフの設置というものを義務化するようになったことによって、一層注目が集まるようにもなっています。現在ではアナログのみならずデジタルタイプのデジタコというものが登場してきているというのもその一因です。

かつてであれば円盤状の紙を機械に挿入しそれに記録されていくという形ではあったものの、デジタコであるとしっかりとグラフを読み取れるだけの知識と経験などが必要にもなりますし、日誌などに対してしっかりと書き移さなければいけないであるといった点で労力や手間が必要と等と言ったデメリットがあったのです。デジタコであればクラウドと連携することによって、リアルタイムで運転状況などもありますし、すぐにPCに保存されていくといった点でも手間のかからずかなりメリットが高いのが現状です。一台あたり20万円から30万円程度かかってしまうといった点で決して安くはありませんが、国から助成金などが支給される動きなども見せていますので、インターネットなどしっかりとその点についてニュースを追っておくことが大切です。また機能を絞ることによって、一度あたり5万円程度からと、アナログタイプとほとんど変わらない値段で売られている商品などもありますので、そちらも考えてみましょう。

デジタコのことならこちら

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *