ドライブレコーダーの仕組みと設置する利点

ドライブレコーダーとは自動車に設置することで事故の様子を記録したり、車上荒らしの様子を記録したりすることが出来る機器になります。仕組みは、ドライブレコーダーに搭載されているセンサーが急ブレーキを踏んだ際に掛かる重力を検知することでカメラが起動し事故の様子をレコーディングしたりします。車上荒らしの場合は車が左右に振動する、もしくは窓ガラスが割れるなどの音を感知してレコーディングをするもの等があり、ドライブレコーダーを制作していいる会社によって仕組みは異なります。つまり、事故や事故以外の事件性がある車のトラブルを記録することが出来るため設置をする方が増えているということです。

次にドライブレコーダーを設置する利点についてですが、事故の様子を記録することが出来るのがこの機器の利点で、記憶は専用のメディアやレコーダー自体に備え付けられてあるメモリに情報が記憶されるため、証拠品として使用することが出来るのです。例えば交通事故で被害者であった場合、昔であれば事故に巻き込まれた場合、証拠を挙げる手法が無い状態であることが多く目撃者を募ることで証拠としていた時期があったのです。しかし、目撃者を捜すという行為は時間が掛かる行為であるが故、一つの事故を片付けるには時間が掛かりすぎるという問題が生じます。そこで登場したのが、レコーダーの情報になります。

この機器に搭載されている証拠データを提出することで即座に被害者であることを証明できるため、現在自動車には設置をするだけで利点がある機器であると紹介されているのが、ドライブレコーダーになるのです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *