ドライブレコーダーを車に取り付けるメリット

運転中や駐車中の事故や盗難を映像として証拠を残すことができるドライブレコーダーは、近年あおり運転による被害などの社会問題の対策としても大きな注目を集めています。車両に大きな衝撃が加わったことを感知すると、その前後数十秒間の車両の周囲の映像と音声を記録する車載機器のことをドライブレコーダーと呼んでいます。一般的に時刻・位置・加速度などを記録できる機種が多く販売されていて、交通事故などをはじめとしたトラブルが発生した時に記録された映像を見直すことで、ドライバーがどのような運転操作を行っていたかなどの詳細な状況を確認することができます。ドライブレコーダーは、カメラと記録装置から構成されており、カメラと記録装置が一体化しているカメラ一体型が主流です。

フロントガラスに吸盤を使用して、カメラのみを固定して取り付けるタイプやルームミラーに固定して取り付けるタイプなどがあります。車両にドライブレコーダーを取り付けるメリットは、事故発生時の状況記録を残しておけることです。記録された映像は、警察や保険会社に提出することで参考資料として使用されるので、事故後の処理がスムーズに行われます。またこのほかにも、自分が運転している映像を客観的に見ることが出来るのでドライバー自身の運転技術の向上に活かす人もいます。

ドライバーが常にカメラに記録されていることを意識して運転するので、安全運転への意識を高めることができます。スピードの出しすぎや運転マナーなどに気をつけ、リスクの少ない運転を心掛けることが出来るメリットもあります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *