事故やトラブルから守ってくれるドライブレコーダー

ドライブレコーダーとは、運転中や駐車中の映像や音声などを記録する車載装置カメラのことです。フロントガラスに取り付け、車の前方や車内の映像を音声をとともに録画していきます。用途としては、交通事故やあおり運転などの交通トラブルが発生した際に正確な状況を把握するために使われます。以前は、タクシーや路線バスでの事故やトラブルを記録する装置といったイメージが強かったですが、今では危険なあおり運転の対策として一般ドライバーが自家用車に設置するケースが増加しています。

ドライブレコーダーには業務用と自家用の2種類があり、業務用は主にタクシーなどに設置され、常時走行中の車内を録画しています。自家用は、急ブレーキや衝突などの衝撃が起こった際に自動で、その前後の映像を記録として残します。自家用は業務用のように常に録画されているわけではありませんが、最近では衝撃時だけではなく常時記録されるレコーダーも増えています。ドラブレコーダーを設置するメリットは、交通事故が発生した場合に車のナンバーや信号の色などを映像で確認できるので、警察の事故処理や保険会社の対応がスムーズに進むことが挙げられます。

また、あおり運転や当て逃げの犯人の逃げ得も防ぐことができ、自分が不利にならない証拠映像の役割を果たしてくれます。ドライブレコーダーは、万が一の事故やトラブルから自分を守るためだけでなく、録画されている意識を常に持つことで自分自身の運転マナーの向上にもつながるので、新たな安全対策の一つとして注目されています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *