ドライブレコーダーの必要性とは

ドライブレコーダーとは、車両に何らかの衝撃が加わるとその前後数十秒間の音声や映像を記録として残すことができる車載記録装置のことです。2005年頃から普及がはじまったドライブレコーダーですが、交通事故をはじめとしたトラブルに巻き込まれた時に状況証拠を残すためやあおり運転が社会問題となるにつれて、車両に取り付ける人が年々増加しています。一般的なドライブレコーダーは、常に数十秒から数分の動画を連続して記録していて、内臓されているメモリーカードがいっぱいになると古い映像を新しい映像へと塗り替えていきます。ドライブレコーダーに搭載されているGセンサーが事故や急停止などによって引き起こされた車両への衝撃を感知すると、衝撃を感知した前後数十秒間の映像をメモリーカードなどへ自動的に移動させて、記録された映像が消えないようにする仕組みとなっています。

ドライブレコーダーで撮影できる範囲は、モデルごとに異なります。前方のみ撮影できるもの、前後を撮影できるもの、360°撮影可能なタイプもあるので、必要性に応じてモデルを選ぶことをおすすめします。事故やあおり運転はいつ・どこで巻き込まれるかわからないため、なるべく広い画角で撮影できるタイプを選ぶと良いでしょう。交通事故などのトラブルが発生した際に警察や保険会社に映像を提出すると証拠としての取り扱いとなるので、事故処理や保険会社の事務処理がスムーズに進めることができます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *