ドライブレコーダー導入のすすめ

どのようなシーンでドライブレコーダーは役立つのか、まだ導入をしていないドライバーが気になるところでしょう。搭載をすることで様々なメリットがあり、いざという時に活躍するはずです。出番があるシーンとしては事故の時です。相手がいる事故の場合、互いの言い分が異なるケースがありますが、そうした時にドライブレコーダーが客観的に事実を伝えてくれます。

信号の色や速度、互いの車両の挙動などを知るための情報源となり得ますので、それによって正当なジャッジをくだすことができます。ドライブレコーダーがあったことで保険の過失割合が左右されることもあるほどですし、もしも映像記録がなかった場合は納得のいかない判断がされてしまう可能性もあるでしょう。あおり運転の証拠映像としても役立ちます。昨今、ドライブレコーダーを装備する車両が増えている背景には、社会問題にもなっているあおり運転が大きく関係しています。

それまでは被害に遭っても泣き寝入りになってしまうことがありましたが、映像を残しておくことで被害の証拠映像となり、実際に加害者が捕まるケースも少なくありません。また、撮影をすること自体があおり運転の抑止力となるため、被害に遭うリスク軽減にも役立つでしょう。その他にも、駐車時の当て逃げ対策にもなります。ドライブレコーダーの中にはエンジン停止後でも撮影できるタイプもあり、駐車をしている時の被害を記録してくれます。

当て逃げ犯を捕まえたり、損害賠償を受けたりにするためにも欠かせないアイテムです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *