ドライブレコーダーを取り付ける方が増加中

ここ数年の間に大幅に利用者を増やしているのがドライブレコーダーです。かつてはタクシーやバスなど商業目的で運行される自動車に取り付けられることが多かったですが、近年のドライブ関連のトラブル増加を受けて一般的な自動車にも取り付けられる機会が増加しています。あおり運転などへの対策として非常に有効といえるでしょう。交通事故や交通トラブルがあったときには証拠が重要となります。

しかし、一瞬の出来事であればなかなか証拠を残すことが難しいケースもあります。また、目撃者があまりいなかったり、証言が取れなかったりすると本来であれば非のない側が損をすることも起こりえます。そこでドライブレコーダーに証拠を残し、自らに非がないことを証明することが重要といえるでしょう。ドライブレコーダーを選ぶときにはどれくらいの容量のものを用意するかも大切なポイントとなります。

有事の際にはすぐに映像を使用するので長く保存する必要はほとんどありませんが、商業用の自動車の場合には警察の捜査協力のために過去の映像を提供することも考えられます。レコーダー側の容量が足りていなくても、別のSDカードに保存することにより映像を長く残すことは可能です。容量が大きくなるとドライブレコーダーの価格も上がるので、その費用とのバランスを踏まえつつ、どういったレコーダーを用意するのが良いのかをじっくりと検討することが非常に大きなポイントになるといえるでしょう。ドライブレコーダーのことならこちら

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *