デジタルタコグラフの装着は推奨されているが…

タコグラフにはアナログタコグラフ(アナタコ)とデジタルタコグラフ(デジタコ)の2種類があります。タコグラフとは運転記録計のことを指し、速度やエンジンの回転数や走行距離をグラフ化し、搭載された車両の稼働状況を記録するものです。国土交通省では車両総重量7t以上、または最大積載量4t以上の事業用車両の新規、既存問わずタコグラフの装着を義務付けています。ドライバーの安全、道路の安全を維持するためにもデジタルタコグラフの導入は推奨されています。

アナログ式よりもデジタルタコグラフは運転状況だけでなく荷待ち時間を含めた記録を詳細にできるからです。しかしドライバー業務の効率化に貢献しているにも関わらず、デジタコの導入はあまり進んでいないようです。国土交通省もデジタコ装着を推奨しつつも、義務化ができずにいます。デジタコの導入は費用がかかるというデメリットがあります。

1台につき数十万円する機械もあるほどなので、所有している事業用トラックすべてに装着するというわけにはなかなかいかないのです。デジタコ導入の助成金はあるのですが、企業が負担しなくて済むということではありません。導入したおかげで燃費のいい運転をこころがけるようになった、初期費用はかかったが燃料代は以前よりもかからなくなったといった声もあるのですが、なかなか導入できずにいる企業も多いようです。そこで最近ではアナログタコグラフに車両管理システムを導入するというやり方も増えているようです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *