デジタルタコグラフは運転手のモチベーションをアップ

運送業の中で大きなトラックを保有している場合は、デジタルタコグラフの装備が義務付けされています。これは運転記録計と呼ぶもので走行中の距離や速度、急ブレーキの有無や運転時間などの情報をデジタル化して記録するための装置の総称です。一般的には、装置に挿入するメモリーカードにデータを保存する形になりますが、グレードが高いデジタルタコグラフの場合は、インターネットを経由して会社内にあるサーバーにデータが保存されるものやクラウドサービスを使っているものなどは自社内にサーバーがなくても運転記録ができるなどのメリットを持つ製品も登場しています。運転記録は1日の日報を付けるときにも役立つ存在になってくれますので、デジタルタコグラフで記録してある情報を加工して日報を作成することもできるわけです。

目的地が複数ある業務などの場合、日報を書くだけでもかなりの労力となる運転して疲れているのに日報をつけないと退社できないとなると大変です。その点、デジタルタコグラフを運用している場合は、報告書を作成する時間の短縮が図れますので速やかに退社できるなどのメリットもあるのではないでしょうか。これに加えて、安全運転を心がけようと考えるドライバーさんが増えるので交通事故へのリスク低減にも良い効果を与えてくれる、従業員のモチベーションもアップして来ます。そのため、義務化の対象になっていない車両に搭載することも良いのではないでしょうか。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *