ドライブレコーダーのメリットと選び方

近年、あおり運転や高齢者の危険運転などのニュースにより、ドライブレコーダーの導入が注目されています。ドライブレコーダーとは車に取り付けることによって映像と音声を記録してくれる装置であり、交通事故の際に有力な証拠を残してくれます。運転中はもちろん駐車中に事故に巻き込まれた場合も、映像と音声が残るので証拠として使えます。またレコーダーを設置することにより運転時の安全意識が高まり、事故を未然に防ぐことができるというメリットもあります。

個人使用はもちろん、運送やタクシーなどドライブレコーダーの導入を検討している企業も増えており、事故防止や削減の効果が期待されています。ドライブレコーダーはカー用品店やネットショップなどで手軽に購入できますが、機能性、取り付け依頼の有無などにより値段は様々です。機能もレコーダーの種類によって様々であり、撮影範囲や画素数、夜間機能などが異なります。例えば録画される範囲は、前方のみ撮影されるタイプや前方と後方の二方を録画するタイプ、360度の動画撮影により横からの接触事故にも対応できるタイプなどがあるので、車を運転する頻度や運転歴、ドライブレコーダーの値段などを総合的に踏まえてどのタイプを購入すべきか検討する必要があります。

画素数も商品によって差があり、ナンバープレートや信号などを詳細に録画で残しておきたい場合は画素数が大きいものがおすすめです。中にはAI機能が搭載されているレコーダーもあり、運転中に警告を出したりアドバイスを行うタイプのものもあります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *