車にドライブレコーダーをつける人が急増している理由

ドライブレコーダーは、交通事故や悪質なあおり運転、当て逃げや車上荒らしなど車に関する様々なトラブルが発生したときに決定的瞬間を記録しておくための車載用小型記録装置のことです。社内のフロントガラスやダッシュボードなどに取り付けておくことで、何らかのトラブルに巻き込まれたとき映像で客観的事実を残すことができるので、証拠として警察などに提出することができます。近年、高速道路などで起きた悪質なあおり運転などが多くのメディアで報道され、話題となっていますが、メディアで放送されている映像は、ドライブレコーダーで記録された映像をもとに報道されています。このようなトラブルが発生したときに、客観的事実の映像を証拠として残すためにドライブレコーダーを車に搭載するドライバーが増えています。

また、交通事故が発生したときに必ずしも相手がドライブレコーダーの映像を警察に提出してくれるとはいえないので、自己防衛の意味を込めて搭載している人もいるようです。また、車を運転しているとドライブレコーダー搭載車や録画中などのステッカーを見かけることもあります。ステッカー自体は多くのカー用品店などで販売されているので、簡単に手に入れることができます。このようなステッカーを貼っている車が前を走っていた場合、自然とスピードを緩めたり、車間距離を十分にとったりする人も多いことでしょう。

録画されているという事実は、運転している本人だけでなく、周囲の車に対してもあおり運転などの迷惑行為や車上荒らし・当て逃げなどの犯罪などを抑止する効果があります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *