自分の身を守るドラレコとは

ドラレコとは、ドライブレコーダーの略になります。

タクシー業界や運送業界を中心に導入が広がっていて、近年では徐々に一般車でも取り付ける人が増えてきています。ドラレコとは、運転中の映像や音声などを記録するための車載カメラになります。フロントガラスに取り付けて、車の前方や車内の映像を録画して保存する機能があります。ドラレコとはつまり、事故があったなどのトラブルが起こった時に、車の前方で何があったのか、車内ではどんなことが起こっていたのか状況かを正確に記録する役割があります。

ドラレコを取り付けることによって、様々なメリットを得ることができます。特に大きなメリットが、万が一事故があったとしても事故処理を迅速化できるということです。通常交通事故が起こると、当事者の記憶や目撃者の情報によって過失の割合が決まります。記憶は確かなものではないため、事故処理に時間がかかってしまいます。しかし、ドラレコであれば事故原因がはっきりしているため、事故処理が迅速化できるのです。また、被害者と加害者の言い分が食い違うということも防げます。ドラレコは事実を記録しているため、しっかり被害者が加害者に対して交渉することが可能となります。運転者自身の運転も記録されているため、事故防止への意識が高まります。安全運転しようと意識を高められる、というのは車を運転する人には重要な意識と言えます。このような機能があるため公用車や一般車など幅広く使えます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *