車に設置して使用するドラレコとは

ドライブレコーダーという呼び名だけでなく、それを略した呼び方でも知られているドラレコとは、車を運転している際中や駐車中の映像や音声を記録しておくことができる車に設置するカメラです。

基本的には車のフロントガラスのあたりに取り付けて使用します。車内の様子や車の前方を録画することが出来るのが特徴です。かつてはタクシーや物流トラックなどで使用されることが多かったものの、近年では一般のドライバーにも利用されるようになっています。運転中の映像を録画できたり、製品によっては駐車中の映像を撮ることができるので交通事故を起こしたり、事故に巻き込まれたときに役立ちます。というのも、急に思いがけないトラブルが起こったときには、状況を正確に説明することが難しいこともあるものです。

その点、映像や音としてその場の様子を記録をしておくことができれば、客観的に状況を把握することができます。まさにドラレコとは万が一のときに価値を発揮するアイテムといえるでしょう。事故がおきたとき、誰もがその原因を客観的に見ることができるので事故処理も滞りなく進めることができるはずです。GPSが付いている製品は、時間やその時の速度なども調べることが可能です。もし相手との意見が食い違い、理不尽なことを言われたとしても証拠を示すことができます。このようなことから、ドラレコとは関わる人に客観的な情報を示すことができ、自分の身を守るためのものともいうことができます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *