デジタルタコグラフの義務化について

事業用自動車総合安全プラン2009とは、国道交通省が策定した事業者用自動車の事故削減目標の設定を意味するもので、計画・実行・確認の3つのステップを繰り返し行うなどのPDCAサイクルを持つのが特徴です。

実行の項目の中にはIT・新技術の活用の項目があるのですが、この項目内にはドライブレコーダーとデジタルタコグラフの普及促進が明記してあります。さらに、このプランは平成29年6月に事業用自動車総合安全プラン2020が策定されており、トラックによる事故での死者数を200人以下にし人身事故件数を12、500件以下に抑えるプランが作り出されています。これに伴いドライブレコーダーやデジタルタコグラフの車両への義務付けが行われました。

デジタルタコグラフは、アナログ式のタコグラフのデジタルバージョンで義務付け機器はデジタルではなくアナログ方式でも良いことになっています。ただ、アナログ式は取り扱いが難しいなどからもデジタル方式が推奨されているといいます。すべてのトラックが対象ではありませんが、新車や中古車に関係なく義務付けは適用となり車両総重量は7トン以上(最大積載量は4トン以上)が対象です。これは大型車両と並んで事故率が多いトラックでもあり、運行記録計でもあるアナログもしくはデジタルタコグラフを導入する必要性が高まっているわけです。この義務付けは将来的に2トン車などのサイズの車両にも行われる可能性があると予測されているようです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *