クラウド型のデジタコを導入するメリット

近年一般的に使われているデジタコは、トラックの走行中に計測した走行距離や速度、停車時間などの情報をSDカードやUSBメモリーなどの記憶媒体に保存する、というものです。

そのため、トラックが帰社したらそれら記憶媒体を取り出し、事務所にあるパソコンなどにそれらを接続してデータを抽出する手間を避けられません。また、トラックが走行しているときにはデータを計測している状態にあるため、運行管理者がその状態を確認するとができず、リアルタイムで適宜指導を行えないというデメリットが存在しました。このような問題点を解決できる存在として近年注目を集めているのが、クラウド型のデジタコです。クラウド型のデジタコは、トラックが走行中に記録したデータを通信モジュールを介して無線回線からインターネット上にあるクラウドストレージに随時蓄積するシステムを採用しているものが多いです。

その際、蓄積されたデータはストレージにアクセスすることでリアルタイムであってもその内容を閲覧することができます。さらに、取得データはソフトウェアなどで随時グラフ化などをすることで見える化しやすいことが多い点もメリットです。なお、このようなタイムリーな監視が可能になったことで運行管理者は燃費の悪い運転や規則違反にあたる休息を十分にとっていない連続運転、速度超過などの問題を業務時間中にその都度指導することができるようになります。さらに、データ移動の手間がなくなるため、時間の節約に加えて紛失リスクなども減らせる点もメリットです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *