クラウドを使ったデジタコのネットワーク

運送業界でトラックの管理をしている会社では、デジタコを採用する企業が、法律によって義務化されてることもあり増えてきています。

多くの車両の運行データを取り扱うことができ集計がしやすく、運行管理も楽になるという利点があります。一方、多くの車両のデータをまとめたりするのが煩わしいという欠点もあるのです。デジタコの普及にあたっては業務の効率化と運行管理の簡素化が課題になります。

こんな悩みを解消するのがクラウドを利用することです。インターネットを通してデジタコのデータにネットワークを利用すれば、車両からリアルタイムで運行状況が送られてきます。運転手の労務管理についてリアルタイムで把握できるので、運行管理者は車両から送付されてくるデータに基づいて即時に指示を出すことができます。労務時間を守ることを運行しながらチェックできますから、クラウドを利用すればデジタルデータと運転者の電子日報を確認することで運行スケジュールがたてやすくなります。効率の良い車両配備ができ、運行状況をリアルタイムで知ることができます。運転手はクラウドを使えば、保存のドライブが要らないので設置スペースが少なくてすみますし、何より業務終了後の日報も簡素化できるのです。リアルタイムで運行状況に関して把握されているということから、安全運転を守らなければという意識が働き、交通事故の防止にも役立っています。クラウドを利用したデジタルタコグラフは法廷義務化の進行するなか、便利なクラウドを利用することが主流となるでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *