クラウドデジタコは便利

デジタコは導入の義務化が拡大していて、話題になっています。

いろいろなタイプがありますが、中でもクラウドを活用したものは便利で幅広い業界において利用されています。運転手はもちろん管理者にもいろいろなメリットがあり、例えばデータ確認が容易になりました。もともとデジタコは1998年頃に実用化されましたが、それ以前アナタコというものがあり、アナログタイプになっており搭載車両の運行距離や速度、時間などを記録することが可能です。このアナタコに関して、計測データは円グラフなどによる表示になっていて、その解析には専門的な知識が必要でした。しかし、デジタコになったことにより記録データの解析について専門的な知識は必要なく、事前に解析するためのソフトの導入や専用のシステムを構築しておくと、記録は誰が見ても分かるような文字や数値、グラフなどによって表示される仕組みです。

そのためデータを確認したり集計するのに費やしていた労力を短縮することができます。クラウドを活用することによって、ドライバーにとっても使用方法は簡単になり、リアルタイムで管理者がドライバーの動きを把握することができます。意図的なデータ改ざんなどができなくなっていて、管理者はその都度ドライバーに対して指示することが可能です。より多くのさまざまな情報を収集することができるようになり、運行距離や速度、時間といった法定3要素を管理することができたり、急加速や急減速などを記録することができます。アイドリングの有無や燃費計算を記録することができ、勤怠状況の把握や経費削減などクラウドタイプのデジタコは幅広く貢献しています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *