デジタコはクラウド化する事でさらに便利になります

元来のアナログ式のタコグラフと比較して格段に機能が向上しているのがデジタコですが、さらに便利に活用するにはクラウド化する事が求められます。

従来は運行記録の計測されたデータは、機器の本体に付属している記録媒体(メモリーカードなど)に保存されますので、記録媒体の出し入れが必要となります。この場合はメモリーカードなどを紛失してしまうというデメリットもありますし、水に濡れたりしてデータが消失する事にも注意が必要です。しかしクラウド連携型にする事で、デジタコが記録したデータを記録媒体でやり取りするのではなく、インターネットを通じて確認する事が可能になります。

ネット上で管理するにはセキュリティ面で不安という方もいらっしゃるかも知れませんが、パスワードやIDを設定して利用しますので情報漏洩などの心配もありません。またクラウド連携する事で、通信モジュールが活用され、デジタコの搭載車輌のリアルタイムの情報が得られる点もメリットです。現在状況が把握できると配車のスケジュールなども組みやすく、業務の効率が非常にアップするでしょう。そして支社を複数持っている企業の場合でも、本社と支店が同時にリアルタイム情報が管理できますので、情報の共有もスムーズにできるのが魅力です。なおデジタコのクラウド化は特別なサーバーなどの機器を設置する必要がなく、インターネット環境があればすぐに導入できるという部分もメリットの1つです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *