クラウドを活用したデジタコで生産性をアップできる

トラックやタクシーなどのドライバーがどのような運転をしているかというものを記録する計器が、デジタコです。

こちらを調べれば事故などが起こったときにも、その事故の原因などが救命しやすくなるため、国土交通省は最近様々な車両に対して装着することを義務付けるようになりました。タコグラフというのは昔はアナログタイプが一般的でした。円盤状の記録計にグラフなどで記録されるタイプでした。しかしながら現在はデジタルタイプのものなどが、販売されていてそちらであればデータとして走行記録がクラウドに残るため大変作業効率などが便利です。アナログタイプであればグラフを読み取る知識などが必要であったり、日誌に書き取る手間などがかかってしまうのですが、デジタルタイプであればそういった効率も上げることができます。

またどのような走り方をしているかといったことが事細かにクラウドでリアルタイムでわかるため、危険な運転をしているドライバーに適切なアドバイスをすることなども可能なのです。デジタコの平均価格としては、15万円前後が相場となっています。これよりもかなり機能性の高いものにすればより高い商品もありますが、クラウドを利用して細かくドライバーの運行状況などが把握できると言ったことも踏まえれば、トータルコストは下げることができるという点でおすすめです。最低限のことさえわかれば良いなどといったケースであれば、アナタコとほとんど価格が変わらない5万円程度のデジタコもありますので、そちらを検討してみると良いでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *