クラウド対応したデジタコの導入で業務効率化を図る

業務用車両の走行距離や走行時間などのデータを保存しておくのに、運送会社やタクシー会社などではデジタコが導入されています。

従来型の製品は、単純に車を走行させている時の各種データを取得・保存するだけであれば、十分に機能を満たしています。SDカードやハードディスクなどにデータを保存して、後でそれらのストレージからデータをパソコンで読み出して整理したり、プリントアウトしたりといった事も行えます。アナログ方式とは違って、クラウドタイプのデジタコは、常にインターネット経由でクラウドサーバに繋がっています。その為、リアルタイムで走行データを保存・確認が行える環境を構築する事が可能です。

この確認が出来るのは、運行管理担当者のみであり、企業はセキュリティを高めて業務効率化を図れます。クラウド対応のデジタコの導入は、走行データをリアルタイムで取得・保存・確認出来るだけでなく、そのデータを使って、収支や労務管理、あるいは配車実績などを多方面から検討して、業務をより効率的に行える環境作りに活かせます。クラウド対応のデジタコは、クラウドサービスと連携している為、機器の性能だけでなく、総合的に導入する事を考える必要があります。メーカーが提供しているサービスが、企業の用途にマッチしているのかどうかを十分に検討した上で導入する事が望ましく、デジタコで取得した走行データを効果的に使えるかどうかが決まってきます。性能や機能とサービスのバランスが取れている製品を導入する事が、企業にとって最善策です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *