クラウド技術を用いた便利なデジタコ

ドライバーの運転を記録する手段には、タコグラフと呼ばれる手段が存在します。

タコグラフは、トラックなどの自動車に設置することによって、その情報を記録できる非常に便利なものです。しかし、アナログ式のタコグラフはドライバーの協力が不可欠になりますので、そのドライバーが非協力的だと運転記録を提出してもらえない可能性もあります。現実的にも、そういったトラブルは過去に何度もありました。そこで登場したのが、デジタコと呼ばれるデジタル式のタコグラフです。デジタコの大きな魅力は、設置するだけでその情報がきちんと本部に送信されるという点です。具体的には、クラウドサービスを通じて本部と情報を共有することができるようになります。クラウドは、ネットワークを通して情報を保存できるとても便利な媒体です。

例えば、トラックにデジタコを設置するとそこから運転記録がリアルタイムで送られることになります。送られた情報はクラウドに記録されていきますので、アクセス権限を持っている人物ならば誰でもその情報をすぐにみることができます。情報をいつでも見られるうえに、その情報を記録できますので非常に便利です。また、こういった方法を利用すれば場所を問わずにいつでもドライバーの状況も確認できます。ネットワークを経由して情報が送られてきますので、ドライバーの協力は必要にならないからです。非協力な人物であっても、必要な準備を整えればそれだけで利用できるメリットがあります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *