クラウドにデータを保存できるデジタコ

デジタコは、それまでのタコグラフと異なってより効率的に運転の記録を行える画期的なものです。

これは、クラウド技術を使ってデータを保存できるからです。元々、タコグラフはアナログ式のものが主流でドライバーがその記録を提出しなくてはいけませんでした。確かに、こういった方法でも非常に便利なことに違いはありませんが、リアルタイムで情報がわかるわけではないという難点もありました。クラウド型のデジタコでは、こういった問題点が存在しません。クラウド型のデジタコは、通信技術を介してすぐにそのデータを記録できるメリットが存在します。

また、クラウドを利用しているためデータのバックアップと共有が非常に楽になるという大きな魅力もあります。特に、データのバックアップが容易なのは魅力です。例えば、アナログ式で収集したデータは別のデバイスにバックアップを取らなくてはいけません。しかし、そのデバイスが故障するとせっかくのバックアップが全て無駄になってしまう可能性も否定できません。この点、クラウドを利用すればデバイスが故障したとしても全く問題なく利用できます。アクセス権限を有しているユーザーならば、デバイスに関係なくデータを閲覧できるからです。デジタコの魅力は、ネットワークを介して保存されたデータをアクセス権限を有するユーザーが全て共有できる点です。別途、データの保存のためのデバイスを準備しなくても良いので、とても効率的で使いやすい魅力があります。
クラウドやデジタコのことならこちら

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *