デジタコの価格帯について

中価格帯のデジタコには、ドライブレコーダーと一体型になった機種もあります。

運行の効率化と安全性を同時に満たす機能が揃っています。走行中には運行状況が自動で記録され、動画や画像となってデータ蓄積されます。危険度の高い画像などは自動で抽出されるので、運行管理者にとっては相当に役立てられる機能となります。運転日報などは自動で作成されるので、ドライバーの負担も大幅に軽減されます。日報のレイアウトや項目なども自由にカスタマイズできるので、運行会社の利便性に応じて対応できるわけです。中価格帯のデジタコには、シンプルで操作性の良い機種も豊富に揃っています。中にはスマホと連動できるタイプもあり、様々な機能が搭載されます。

高価格帯のデジタコには、様々な機能が搭載されています。中には、ドライブレコーダーと一体型の機種もあります。高画質のデジタルカメラが内蔵していたり、アナログカメラと切り換えたりできます。デジタルカメラでは、離れた車のナンバーも読み取ることが可能です。その他、赤外線カメラの機能もあり、ドライバーの運転状況が管理できます。さらに路面状況も読み取ることができ、安全性能が高まることになります。高価格帯のデジタコは、いずれも画面が見やすい大型液晶パネルなのが特徴です。中には手袋のまま操作できる液晶パネルもあります。勿論、クラウドにも対応しており、運行状況がリアルタイムに運行管理者の下に届きます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *