価格の高いデジタコは助成金制度の活用を

装着が義務化されてきているデジタコ及びアナログ式のタコグラフですが、リーズナブルなものだと5万円程度で、人気の機器となると平均価格は18万円前後と言われています。

最近ではクラウド型も出てきているので、機能に応じて価格もまた上がってきます。一台にかかる価格、すべてのトラックに導入することを考えると、初期費用にかかる高さからすぐに導入できないと考える会社もあるでしょう。実際に国がデジタコの導入を義務化しようとしたときには中小企業からの反発もありました。初期費用は確かにかかってしまいますが、デジタコを導入するメリットはたくさんあります。デジタコが運行状況を正確に把握しているため、ドライバーの運転癖などがわかり安全運転の指導に役立てられること、ドライバーが燃費のいい運転をするようになれば燃料代も抑えられます。GPSが搭載されている機種であれば、各車両の運行状況を正確に把握することもできるので配車を効率的に行うことができます。

また国が装着を推奨しているので、国交省や全日本トラック協会の助成金を受けられる可能性もあります。助成金制度には申請期間があったり、併用はできないようになっているので申込をする際にはよく確認する必要がありますが、助成金の条件を満たすのであれば制度を使わない手はありません。またリースしている企業もあるようです。いずれにしても国交省から装着が推奨されており助成金制度まである以上、デジタコを装着しているかがその会社がドライバーの心身の安全と道路を安全に管理するのにどれだけの関心があるのか、という指標になっていると考えてよさそうです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *