デジタコの一般的な価格

車を運転している際の走行速度などを把握するための計器であるデジタコは、安全な運転ができているかどうかを運転者自身が判断するために使用するだけでなく、例えば大型トラックでの輸送を行っている会社などで、自社のスタッフが無理せず安全な運転をしているか、適切な休憩を取っているか、などの管理にも使われています。

今は、デジタコは車両へ装着することが義務になっています。デジタコの価格はメーカーや機能によって様々ですが、相場としては10万円前後の商品が多いです。事業者として複数台数設置することを考えるとやや高いと感じられる価格かもしれませんが、助成金が支給されるケースがあるので確認してみると良いでしょう。それでもやはり予算的に厳しいという場合には、エントリーモデルで5万円程度に価格が抑えられている商品もあります。デジタコでの記録を活用することを考えるのであれば、簡単にデータをPCに取り込むことができる商品を選ぶと良いでしょう。

SDカードを装着し、その中に記録を蓄積していき、分析が必要になったらカードに抜き差しだけで容易にデータを移行できます。メーカーによっては、分析のためのソフトウェアを同梱している場合もあります。さらに最近では、クラウド上にデータを蓄積することにより、管理者側がリアルタイムで状況が把握できる機能を持ったデジタコもあります。自分たちが何をどのように分析したいかを考えた上で、商品を選びましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *