低価格なデジタコも魅力的

ドライバーの運行情報をデジタルデータとして記録できるデジタコは、義務化の流れもあり普及しています。

事故の抑制や無理な勤務状況の把握など数多くのメリットがありますが、導入費用がネックになっているケースが少なくありません。デジタコの平均的な価格帯は20万円前後となっています。車両につき1台必要となるため、保有台数の多い企業は大きな費用負担となります。また、デジタコと連動させるためのシステム導入費用をはじめ、クラウド型のものであればインターネット接続が前提のため通信費用も必要です。費用を抑えるためには、本体価格を抑えるのが有効です。デジタコの本体価格が10万円以下のものもあります。このようなリーズナブルなものは低価格であるたけでなく、魅力的な点も兼ね備えています。

高価格なものは多機能であることが多いですが、意外と使用しない機能も多いものです。リーズナブルなものでも必要な機能は備わっていることが大半です。必要最低限の機能のため、シンプルで使い勝手の良さもメリットとなります。高齢ドライバーでも簡単に操作できるものが多いです。ダッシュボードに簡単に取り付けできるものもあり、このような製品は数本の配線を繋ぐだけなので自分で簡単に取り付けできます。設置費用も抑えることができ、万が一の故障の時も代替機と取り替えるだけという対応が可能です。リーズナブルなものでも、エンジンをかけることで走行データの記録を開始してくれる便利な機能もあります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *