デジタコは機能に応じて価格が異なる

運送に関わる事業者が利用する車両は、安全運行や労務管理に資するためタコグラフの装備が義務化されました。

最大積載量が基準を上回る車両は、新車以外でも装備しなければなりません。従来から使用する車両にも適用されたため、運送事業者は新たなコストを負担しました。当然義務化の流れは続くため、コストをいかに抑えるかの点で、デジタコの価格は気になるところです。ただ、価格が安ければ良いというものではなく、あくまで運転者と事業者双方にとって効果的で、ひいては通行する人や車両にとっても安心できることが重要です。デジタコは機能に従って価格が異なり、また製造メーカーもいくつかあるので、予算に合わせた商品を選びやすいでしょう。コストだけを考えれば、速度と時間そして距離が記録できる単機能型が最適です。

装備しなければならない車両数が多く、複雑な機能を覚える時間が足りない事業者にとって単機能なほうが都合が良いはずです。だいたい5万円程度から購入できます。ただし、3要素の記録だけでは労務管理の大きな改善を促すのは難しいでしょう。さらにドライブレコーダーの機能を加えたデジタコであれば、事故時の発生状況などが把握できます。10万円前後でのサービスもありますが、前方車両が近づいた場合や路面標示について警報で知らせてくれる機器さらにはアルコールチェッカーが装備された機器などは、20万円前後となります。装備に掛けた平均価格はだいたい20万円弱の機器とされ、安全への意識は業界全体で高まっています。似たようなサービスでも各社で価格が異なるため、十分吟味した上で最適なデジタコを選びましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *