デジタコは価格は高いが業務効率を上げる

デジタコの導入価格はちょっと高いので、導入になかなか前向きになれない方もいるかもしれませんが、導入することで様々なメリットを得ることもできますからよく検討してみましょう。

例えば、デジタコを導入すれば、労働時間の短縮をできます。デジタル型のタコグラフには、自動で業務日報を作成できる機能が搭載されているものが少なくありません。従来は、ドライバーが会社に戻った後などに業務日報を作成したりしていましたが、自動で作成できればすぐに帰宅することができるようになるでしょう。労働時間を短縮できれば、ドライバーが休める時間も増えて心に余裕が生まれ、より安全運転ができるようになります。この効果を考えれば、デジタコの価格はけして高くはないのではないでしょうか。デジタコには、燃費管理機能が搭載されているものもあります。

例えば、燃費効率を悪化させる急発進や急ブレーキ、スピードの出し過ぎの際に警告音を鳴らしてドライバーに注意を促したりしてくれます。この機能があれば、ドライバーは自然に燃費効率のいい運転を心がけるようになり、結果としてガソリン代の節約などにつながるでしょう。他にもデジタコにはいろいろと便利な機能が搭載されており業務効率を改善してくれますから、価格が高いからと忌避するのはもったいないです。価格にはけっこう幅があり、5万円くらいから30万円くらいのものまで様々です。もちろん高い方が性能はいいですが、自分の会社に合ったものを選ぶことが重要です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *