デジタコの導入は助成金活用で価格を抑えられる

デジタコとは、デジタルタコグラフのことで、車両に取り付けることで、速度やエンジン回転数などの様々な車両の情報を記録することができる機器です。

従来はアナログ式のタコグラフが使われていましたが、近年はデジタル式のデジタコの方が主流になりつつあります。デジタル式の方が、アナログ式のものよりも高性能で便利なのは間違いありません。デジタコでは、アナログ式で計測できない情報も計測できます。例えば、ドアの開閉や急発進・急ブレーキなどの情報も取得できますし、GPSによる位置情報を取得できるものもあります。最近ではクラウド型のものも登場しており、ネットワークにつないで情報をリアルタイムに取得して車両の運行状況を監視できるものまで登場しています。デジタコは便利ですが、価格が高いのがデメリットでしょう。

高いものになると30万円くらいするものもあります。クラウドシステムを使用すると、ランニングコストも発生してきてしまいます。価格が安い製品もありますが、安いものだとあまり性能がよくありません。資金に余裕のない企業では、デジタルタコグラフの導入は厳しいかもしれませんが、導入に関して助成金制度を実施している場合があるので、それらを活用すればわりと低価格で導入できるでしょう。助成金制度は、行政側で行っている場合もありますし、運送業の業界団体などが実施している場合もあります。インターネットで検索してみれば、すぐに情報を得られるでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *